ケネディ暗殺の機密文書公開日と真実は?CIAがトランプ大統領を狙う?

引用:Wikipedia

ケネディ大統領といえば1963年のオープンカーでの暗殺事件ですよね。

テレビでも何度も矛盾点や謎が伝えられてきましたが、この度トランプ大統領により捜査資料が公開されることになるようです。

そこには何が書かれているのでしょうか。

そして怪しいのがCIAです。

組織は何を隠そうとしているのでしょうか。

トランプ大統領による機密指定の解除

大統領として、長く機密指定されてきたJFKの資料が公開されることをわたしは許可するつもりである。

トランプ大統領のツイートです。

もともと法律により今月の26日に公開予定でしたが、大統領の権限で延期することも可能だったようです。

つまり、10月26日には公開されるということですね。

ちなみに日本とアメリカ・ワシントンとの時差は13時間ほど。

日本時間での公開日は10月26日の夜から27日のお昼までといったところでしょう。

公開されれば、一斉に報道されまよね。

隠されてきた資料には、操作手法や協力者の名前が書かれているとされています。

しかしこれらはCIA(中央情報局) により公開が拒否されてきたということです。

報道によれば「(CIAによる)激しい抵抗が予想される」とありますが、一体何を隠そうとしているのでしょうか。

引用:WSJケネディとジョンソン 【追記】 全面公開は先送りだそうです。 180日間かけて資料ごと位公開するかどうかの...

ケネディ大統領暗殺とオズワルド氏の暗殺

アメリカのケネディ大統領は1963年11月21日に、オープンカーでのパレード中に狙撃されました。

パレードなので多くの目撃者もいましたが、捜査決の報告書には矛盾点や謎だらけです。

さらには犯人として捕まっていたオズワルド氏も移送中に銃撃され命を落としてしまいます。

真実を知っているために狙われてしまったのでしょうか。

報告書の矛盾点

事件後アメリカ政府の見解は「ウォーレン報告書」にまとめられました。

しかし、以下の矛盾点が挙がります。

  • 狙撃犯とされるオズワルド氏は背後から撃ったとしているが
  • 映像では前から撃たれている
  • 銃弾の軌道がありえない

これを聞くと、

実は複数の人物がケネディ大統領を狙っていたのではないか

という考えが浮かびますよね。

そして、その口封じのためにオズワルド氏だけが捕まった。

機密指定の文書があることも合わせると、なおさら疑惑が深まりますよね。

ケネディ大統領が命を狙われた理由

引用:Wikipedia

CIAが公開を拒否しているということは、CIAが怪しくなってきますよね。

実はその当時CIAはケネディ大統領により解散される寸前だったそうです。

つまり、CIAは存続のためにもケネディ大統領が邪魔だったと言えますね。

当時の出来事流れは

  • 1959年、キューバでカストロ氏が革命を起こす
  • アメリカとキューバの対立→国交断絶
  • 1961年、ケネディ氏が大統領に就任
  • アイゼンハワー大統領時代からCIAがカストロ政権の転覆を計画
  • CIAが作戦を実行(ピッグス湾事件)→失敗
  • ケネディ大統領が世界からの批判を受ける

というものでした。

ケネディ大統領はCIAの失敗により、世界から批判を浴びている状況です。

役に立たない組織はいらないという判断だったのかもしれませんね。

しかし、カストロ氏ではなく自国の大統領を暗殺してしまうことはものすごいやりすぎなような気もしますが、真実はどうなのでしょうか。気になります。

トランプ大統領は大丈夫?

引用:HUFFPOST

もしCIAが自らのためにケネディ大統領を暗殺したとして、それが明らかになってしまったら、CIAという組織はどうなるのでしょうか。

現代におけるケネディ大統領の人気度は分かりませんが、場合によってはCIA解散への動きとなるかもしれません。

それが予想されるなら…捜査資料が公開されることを防ぎますよね。

つまり…トランプ大統領が危ない?

シークレットサービスが付いているはず

アメリカの大統領には強力なボディーガードのシークレットサービスが付いているはずです。

そう言えば先日はホワイトハウスに現れたピカチュウを退治してましたね。(シークレットサービスではなくて通常の警備員かな?)

そもそも、トランプ大統領は就任当初から暗殺宣言がされていました。

シークレットサービスがいることで安心しているのか、慣れてしまっただけなのかは分かりませんが、トランプ大統領自身はあまり気にしてなさそうですよね。

しかしケネディ大統領の事件は聞くたびに真実が知りたくなります。

トランプ大統領、CIAの抵抗に負けず公開しちゃいましょう!

シェアする

フォローする