神戸女子高生自殺未遂 大量の紙きれ画像…いじめの判断が遅すぎる

第三者委員会の判断も必要かもしれませんが、今回のケースは見たまんま明らかですよね。内容などを隠さず全て調査する役目もあると思いますが、それ以前に学校としては再発防止に動き出していてよかったでしょう。

スポンサードリンク

神戸・女子高校生自殺未遂、第三者委「いじめ原因」認定

 神戸市内の私立高校に通う女子生徒(18)が今年2月に自殺未遂をし、学校が設けた第三者委員会が「いじめが日常的にあった」とする調査報告書をまとめたことがわかった。いじめと自殺未遂との因果関係も認定し、学校側の対応について問題があったと指摘した。学校側は報告書の内容を精査したうえで、兵庫県に提出するとしている。

女子生徒は2月24日、兵庫県南部の公園にある石垣(高さ約13メートル)から飛び降りて頭などを打ち、3カ月以上にわたって入院した。学校は重大事態と判断し、いじめ防止対策推進法に基づいて第三者委員会を設置した。

報告書によると、女子生徒は2年生だった昨年秋以降、同級生のグループから、机や椅子に大量の紙切れを貼りつけられたり、聞こえるように「(高校を)さっさとやめろや、ブス」などと悪口を言われたりするいじめを受けた。

他の報道にあるものと併せてまとめると

  • いじめの被害者はの私立高校に通う現3年生
  • 2年生の時に自殺未遂
  • 公園の13メートルの石垣から飛び降りる
  • 首の骨をるなどで3ヶ月以上の入院
  • 学校側が第三者委員会を設置
  • 机や椅子に大量の紙切れや悪口など
  • 日常的ないじめがあった
  • 教員の間で速やかな情報共有がされなかった
  • 「報告を真摯に受け止めていじめの早期発見と対応に努めたい」

というものでした。

紙切れで覆い尽くされた机や椅子の写真が撮られていました…

異常ですよね。見たままいじめだと分かります。

スポンサードリンク

当初担任は「じゃれ合い」と判断していた

さらに、担任の教師が当初、いじめ行為を「じゃれ合い」と判断したことで、学校側の対応が遅れたことも指摘しているということです。

いじめ問題が発覚するとよく言われる「じゃれ合い」ですが、この状況でじゃれ合いというのは…仮にそう思えたとしても本人に確認は必要でしたね。ただ「じゃれ合いだと判断した」というだけで、実際は見て見ぬふりをしていただけじゃないかと思ってしまいます。

インターネット上での反応

zun | 45分前
話がずれるけど、大量の張り紙をするような学生に、高校無償化の恩恵を?こんな学生に働いたお金あげたくない。

tom | 51分前
学校を除籍処分になるのは嫌がらせをした生徒。
文科省は全国の高校に、その通達を出すべきだ。

dua***** | 1時間前
「いじめ」って言葉は便利でいいよね。相手が自殺しようが未遂だろうが、学校の責任者と「いじめ」という加害行為を行った相手は「刑事罰」を受けなくていいのだから

bon***** | 2時間前
学校は「第三者委員会の報告を真摯に受け止め再発防止など対応を徹底したい」 警察組織や教育機関が問題起こすと必ずこのセリフ言うが、もういいよ、本当に反省する奴はハナから問題に取り組むし、その上で至らなかった点に反省するもんだし、面倒事避けて逃げる奴はいつまでたってもそのまま、お前らも一応は教育者で沢山の子供見てきたんだから、それくらい理解してんだろ?自分の事くらい客観的にみれないか?

*** | 2時間前
学校内であったからイジメって言うけど、立派な名誉毀損や暴行、器物破損などの犯罪。ちゃんと罰せられないとおかしいと思う。加害者の更正よりも被害者の将来を考えてほしい。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする