岩手県岩泉町 わいせつ行為の内容と伊達勝身町長の言い分は?幻聴が..

岩手県岩泉町の町長が女性記者に対してわいせつ行為をしたとの報道があり、町長が町議会で謝罪をしました。

陳謝したのは伊達勝身町長で、10月中旬の早朝、岩手日報の女性記者の宿泊先の部屋に侵入し、抱きつきキスをしたと報じられています。

伊達勝身町長は「一部容認しがたい部分がありますけど、あらためて議員の皆さん、町民に心からお詫びを申し上げたいと思います」と話していますが、岩手日報側への謝罪文まだ出されていないということです。

伊達勝身町長は自身の進退については触れていないません。

岩手県岩泉町の伊達勝身町長

岩手県泉町は2016年の台風10号で大きな被害を受けており、町内で100箇所以上の土砂災害がありました。

岩泉町といえば龍泉洞が有名で、この台風の際によりかなりの期間水没してしまいましたね。

画像引用:岩手県 – 平成28年台風10号 土砂災害の被害状況等について

その災害によるPTSDを理由に、伊達勝身町長は2017年10月下旬から入院していました。

これは女性記者の部屋に入ったとされる直後の時期です、

そして公務に復帰した12月5日の翌日、岩手日報社か伊達勝身町長のわいせつ行為を報じています。

伊達勝身町長の言い分

現在伊達勝身町長と岩手日報社は代理人を立てて話し合いをしているようです。

記事によれば伊達勝身町長は

  • 抱きついたことは認めている
  • キスしたことは認めていない
  • 謝罪文は出されていない
  • 伊達勝身町長は「助けてくれ」という声で部屋に入った
  • 伊達勝身町長は「幻覚、幻聴があった」と説明している

ということです。

6日の町議会で伊達勝身町長は謝罪をしていますが

 「一部容認しがたい部分がありますけど、あらためて議員の皆さん、町民に心からお詫びを申し上げたいと思います」

と、議員や町民に対するお詫びにしか触れられていません。

女性記者は事件のあった10月から約2ヶ月の間、休職状態にあるということです

また、容認しがたい部分があるということで、自身の進退については触れていないません。

幻聴や幻覚があるなら、それはそれで別問題としても、町長を続けるのは…

インターネット上での反応

shi***** | 1分前
そりゃ~、都合がイイ幻覚だね。
そんなんじゃ職務を全う出来ないから、即刻辞職して入院しなきゃ。
重症じゃん!

kag***** | 8分前
幻覚が見えるなら、もう町長という職は出来ないと思いますよ。
お辞めください。

kun***** | 9分前
立派な犯罪人。くだらない言い訳をするもんだ

atm***** | 13分前
これが事実ならあまりにも身勝手。
だが、事実でないならこの町長の方が勝つ身なのか。
今後の進展次第で事実が分かる。

stn***** | 14分前
岩泉町長は体調がすぐれないようだから、辞職して療養に専念したらどうかな?

sirowine | 22分前
第三者的な記事が出て来てから判断してみたい。

クロなのかもしれないけれど記事の内容が一方的過ぎるから

Damien – The OMEN – | 2時間前
逃げるために仮病で入院した、
ほとぼりが冷めたと考えて復帰した、
悪事がバレた。

ってところじゃん?
大体PTSDになったら身動きや話すら出来ないのでは?

シェアする

フォローする