兵庫伊丹 5歳女児が母親と祖母から虐待..場所や理由と発覚の経緯は?

1月12日兵庫県伊丹市で、5歳の女児に虐待をした疑いで、母親と祖母が逮捕されました。

逮捕されたのは藤尾久美子容疑者(26)と藤尾亜希子容疑者(47)で、2人は暴行を認めているということです。

現在警察は、日常的に虐待があった疑いがあるとして調べを進めています。

事件があった場所

事件があったのは兵庫県伊丹市と報じられています。

引用:5歳次女の顔に包丁の刃を当て、腕をストーブに押し付けた母親と祖母逮捕 (MBSニュース) – Yahoo!ニュース

逮捕された容疑者

逮捕されたのは

  • 藤尾久美子容疑者
  • 26歳
  • 母親
  • 無職
  • 「次女が失禁したことに腹を立てて頭をたたいた後、ストーブに腕を押し当てた」
  • 藤尾亜希子容疑者
  • 47歳
  • 藤尾久美子容疑者の母親
  • 「ご飯の食べ方をしつけたら無視され、包丁でびびらせてやろうと思った」

ということです。

事件と発覚の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 1月11日午後7時頃
  • 兵庫県伊丹市の自宅近くのコンビニ
  • 5歳女児が11円を持って来店
  • 揚げ物のコーナーをじっと眺めていた
  • 裸足に靴や足首のアザなど
  • 不審に思った女性店員が警察に通報
  • 警察が藤尾久美子容疑者らに事情を聞いたところ暴行を認める
  • 9日夜、包丁で左ほおを複数回叩き切り傷を負わせた
  • 10日夕方、石油ストーブに約5秒間2度左腕を押し付ける
  • 腹や足にも複数の殴られたあとがある
  • 6歳の姉と4歳の妹がいるがケガはない

祖母まで虐待に加わっていたとなると、逃げ道がない状況に思えてしまいます。

姉と妹もケガはなかったとはいえ、心にかなりの傷を負っているのではないでしょうか。

現在警察は、日常的に虐待があった可能性があるとして、調べを進めているということです。

インターネット上での反応

wug***** | たった今
よく子供にそんな事ができるよな。この母親と祖母は生きてる価値ない。同じ空気も吸いたくない。

tor***** | 2分前
コンビニ店員に警察から賞を上げて下さい。祖母と母親は死刑で

ヤフ子 | 3分前
どうか、どうか、
この母親と祖母を同じ目に。

ぜん | 5分前
いつも思うけどさ、
少子化対策って子供産ませるだけじゃ駄目なんだよ。
程度の低い親が子供作っても、ろくに教育できないで、
駄目な人間が増えていくだけ。
ある程度教育を受けた人だけが子供を持つ権利を得る
位のほうが上手く行く気がする。

絶対無理だろうけど。

t***** | 5分前
兄弟のうち1人だけターゲットになる虐待もあるよな。
共通の敵を作ることで、家族が団結し、仲良くやっていける効果でもあるのかも。
で、ムシャクシャしたら、あいつ殴れば良いや、なんてなるのかもなと思った。
だから、きっと、この子以外は皆で仲良かったりするんじゃないか?と思う時ある。
この子が施設に保護されると、他の子がターゲットになるんだろうなと思うので、全員保護した方が良いのではないかと思う。

awa****** | 6分前
今後は国家権力が、常識に欠ける君たちに教育の一環として折檻をしますので、覚悟してください

sok***** | 6分前
4歳になる姪がいるが、あの子と1つしか違わないこの子がこんな目に遭うなんて…
可愛そうに…許せない。
子供が健やかに育つ世の中、仕組みは絶対に曲げてはならないと思う。
結婚は自由だが子供を持つに値する人かどうか法制度や経済支援など充実させるべきだと思う。

pos***** | 6分前
保護されて良かった。
母親とばばあ二人そろってよくもまあこんな残酷なことができたもんだ。
この子を育ててくれる施設か親戚かわからないけど、愛情をたくさん注いで育ててあげてほしい。

you***** | 11分前
たった五歳の女の子が、痛みや怖さに耐えて、そして、知恵を絞ってコンビニにたどり着いたかと思うと、胸が張り裂けそう。

コンビニで異変に気付いてもらえて、本当に良かった。

私たちが想定している以上に、こういう状況にいる子どもたちは、多いんだと思う。

普段から大人はアンテナを高くしておくと、小さな心を救えることにつながる。

ショッピングセンターで、迷子ちゃんがいても、周りの大人が素通りするような無関心社会は、大事故の根源。

もう一つ。
親のやったことは、決して許されることではないが、周りがよってたかって責め立てることはしない方がよい。
道筋はずれていたのだろうけど、それぞれに事情や抱えてる問題、辿ってきた生い立ちがあるだろう。

責め立てれば、問題は家庭内でさらに深みにはまるばかり。
「どうしたの?」と受け入れる社会でありたい。

シェアする

フォローする