兵庫 磯釣りの高校生が海転落で行方不明..名前や場所は?救命胴衣なし

12月2日朝、磯釣りをしていた高校生が行方不明となっていると報道されています。

行方不明とされているのは高校3年生の赤對夏樹さん(18)で、救命胴衣を着けていなかったということです。

一緒に来ていた友人が通報しました。

友人は5メートルほどの沖合に浮かんでいる赤對夏樹さんを見たということです。

現在海上保安署が地元の漁協などと協力して捜索を続けています。

スポンサードリンク

行方不明の赤對夏樹さんについて

行方不明として捜索されているのは赤對夏樹さんで

  • 18歳
  • 県立香住高校海洋科学科
  • 3年生
  • 友人とともに磯釣りをしていた
  • 救命胴衣は着けていなかった

と報じられています。

磯釣りをしていた場所

磯釣りをしていた場所は兵庫県美方郡香美町香住区の今子浦キャンプ場付近の磯と報じられています。

ストリートビューは今子浦キャンプ場付近の磯ですが、入江になっていて視界も良さそうです。

この場所ではないのでしょうか。

当時の天候

現場となった今子浦キャンプ場付近の当時の天気は

だったようです。

しかし報道によれば当時の波は比較的高かったとされています。

事故の経緯

事故の経緯をまとめます。

  • 12月2日午前8時40分過ぎ
  • 香美町香住区の今子浦キャンプ場付近の磯
  • 釣りをしていた赤對夏樹さんが海に転落
  • 一緒に来ていた友人が通報
  • 海上保安署などがヘリコプターや巡視艇での捜索
  • 最後に見たのは5メートルほどの沖合に浮かんでいる姿
  • 赤對夏樹さんは救命胴衣をつけていなかった

外は気温5度台ととても寒いです。海の中にいるとしたら一刻も早く見つけてあげないと…海上保安署や漁協などが必死で創作しているということです。

せめて救命胴衣を着けていたらと思いますが、今はそんなこと言っている場合じゃありませんよね。

スポンサードリンク

磯釣りの高校生が行方不明

 2日朝、香美町で磯釣りをしていた高校3年の男子生徒が海に転落して行方がわからなくなり、海上保安署などが捜索しています。

2日午前8時40分すぎ、香美町香住区の今子浦キャンプ場付近の磯で、釣りをしていた県立香住高校海洋科学科3年の赤對夏樹さん(18)が海に転落しました。

一緒に来ていた友人が通報し、香住海上保安署などが巡視艇やヘリコプターを出して捜索していますが、赤對さんの行方はいまもわかっていません。

海上保安署によりますと、赤對さんは救命胴衣を着けておらず、岬の先端部分の磯を東から西に移動した後、5メートルほど沖合に浮かんでいるのを友人が見たということです。

現場は磯釣りの愛好家には知られた場所で、当時は波が比較的、高い状態だったということです。

海上保安署は地元の漁協などと協力して捜索を続けるとともに、赤對さんが転落したときの状況を調べています。

引用:磯釣りの高校生が行方不明|NHK 兵庫県のニュース

スポンサードリンク

シェアする

フォローする