アイスホッケー女子日本代表が平昌五輪出場決定!どれほど強いのか

引用:アイスホッケー女子が五輪行きの切符を懸ける一戦に挑む | VICTORY

アイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」が平昌オリンピックの予選リーグで3戦全勝を収めオリンピックの本戦出場を決めました。おめでとうございます。ところでアイスホッケー女子日本代表はどれほどの強さなのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

予選は3戦全勝

アイスホッケー女子日本代表が戦った予選Dリーグのチームは

  • 日本(7)
  • ドイツ(8)
  • フランス(12)
  • オーストリア(11)

カッコ内は2016世界ランキング

でした。そして以下が勝敗表(星取表)になります。

チーム 延長勝 延長負 勝点
日本
ドイツ
フランス
オーストリア

各リーグから平昌オリンピック本線に出場できるのは1チームのみですが、女子日本代表チームは3戦全勝で文句なしの予選突破です。

スマイルジャパンの強さ・注目選手

日本の世界ランキングはリーグ内で最上位で、順当な予選突破とも言えますが、確実に勝ちを収め強さを見せつけた形になります。

強化したスピードとパワー

予選が始まる前、アイスホッケー女子日本代表の山中武司監督は「スピードと運動量を攻守に生かした日本らしいアイスホッケーをして、全勝で出場権を獲得したい」と語っています。スピードを頼りに戦うという印象ですが、そうではありません。アイスホッケーは強いタックルからパックを奪い取り得点につなげるスポーツ、つまりパワーが重要なスポーツです。前回のソチ大会での反省を活かし、今回は徹底したパワー強化にも努めてきました。つまり今回のアイスホッケー女子日本代表の強さは完成されつつあるバランスの良い強さということです。これが全勝での安定した予選突破につながっているんですね。

守護神 藤本那菜選手

日本3戦全勝を支えた選手は何と言ってもゴールキーパーの藤本那菜選手でしょう。現在世界最高峰リーグのアメリカのNWHL ニューヨークリベターズに所属しています。もちろん日本人としては初めてのNWFL選手です。記録としては2015年の世界選手権でセーブ率93.75パーセントを記録しベストGKを受賞しています

藤本選手の活躍もあり、予選リーグ3戦での失点は合計3点。完封がなかったのが少し物足りない気もしますが、本戦では期待しています。ぜひベストGKを獲得して下さい。

その他の本戦出場チーム

現時点(2017年2月12日)での平昌オリンピック本戦出場チームは以下のようになっています。

  • アメリカ合衆国(1)
  • カナダ(2)
  • フィンランド(3)
  • ロシア(4)
  • スウェーデン(5)
  • 日本(7)
  • 韓国(23)

カッコ内は2016世界ランキング

1位から順当に出場決定していますね。この中では開催国出場の韓国を除き最下位、しかし勝負は分かりません期待して応援しましょう。

平昌オリンピックでのアイスホッケー

平昌オリンピックでのアイスホッケーの競技は2018年2月9日〜25日で予定されています。今日から丁度位1年ですね。この1年でライバルチームも更に強くなるでしょう。女子日本代表チームはその上を行くことを期待します。

まとめ

平昌オリンピック出場決定第1号ということで、うれしいですね。特にチーム競技は出場がないとさみしいです。現在のところライバルチームは格上のようですが、本番では関係ないでしょう。たとえばリオ五輪ではバスケットボール女子日本代表が快進撃を見せてくれました。アイスホッケー女子日本代表の活躍に期待しましょう。

今回はアイスホッケー女子日本代表の平昌オリンピック本戦出場と、日本チームの強さ注目選手について紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございます。