山梨富士河口湖町 10代女性のトラック事故の場所や原因は?信号あり

12月14日夕方、山梨県富士河口湖町の交差点で横断歩道を渡っていた10代くらいの女の子が軽トラックにはねられ、意識不明の渋滞となっています。

軽トラックを運転していたのは小林静作容疑者(81)で、その場で逮捕されました。

警察は事故の詳しい原因を調べています。

事故があった場所

事故があったのは富士河口湖町船津の国道139号線と町道が交わる交差点と報じられています。

引用:軽トラにはねられ小学生女児重体|NHK 山梨県のニュース

片側2車線の見通しのいい直線道路で、信号も横断歩道もあることが分かります。

逮捕された小林静作容疑者

逮捕された容疑者については

  • 小林静作容疑者
  • 81歳
  • 農業
  • 山梨県鳴沢村
  • 軽トラックを運転していた

ということです。

現在のところ小林静作容疑者から事故についての発言は報じられていません。

またはねられた女の子については

  • 10代とみられる
  • 富士河口湖町
  • 意識不明の重体

と報じられています。

女のおは富士河口湖町に住んでいることが分かっていることから、身元が分かっていないわけではなく、ただ伝えられていないということなのでしょう。

事故の経緯

報道されている事故の経緯をまとめます。

  • 12月14日午後4時過ぎ
  • 山梨県富士河口湖町船津の交差点
  • 横断歩道を渡っていた10代とみられる女の子
  • 富士吉田市方面から走ってきた軽トラックにはねられる
  • 甲府市内の病院に運ばれたが意識不明の重体

信号機がある小宇佐店なので、信号機が赤にも関わらずどちらかが無理をしたことが考えられますが、現在のところ小林静作容疑者の言葉も報じられていません。

原因は何だったのでしょうか。

現在警察が事故の詳しい原因を調べています。

軽トラにはねられ女の子が重体

 14日夕方、富士河口湖町の交差点で横断歩道を渡っていた10代と見られる女の子が軽トラックにはねられ、意識不明の重体となっています。

警察は軽トラックを運転していた81歳の男をその場で逮捕し、事故の原因を調べています。 警察によりますと、14日午後4時すぎ、富士河口湖町船津の国道139号線と町道が交わる交差点で国道の横断歩道を渡っていた女の子が、富士吉田市方面から走ってきた軽トラックにはねられました。

この事故で、富士河口湖町に住む10代と見られる女の子が甲府市内の病院に運ばれましたが、意識不明の重体となっています。

現場は信号機のある交差点で、女の子が渡っていた国道は片側2車線の見通しのいい直線道路です。

警察は、軽トラックを運転していた鳴沢村の農業、小林静作容疑者(81)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕し、事故の詳しい原因を調べています。

引用:軽トラにはねられ女の子が重体|NHK 山梨県のニュース

シェアする

フォローする