福島いわき モトクロス練習で女性死亡の場所や原因は?崖下に落ちる

12月10日福島県いわき市のモトクロスの練習場で、30代の女性がコースから外れ崖下に転落し、死亡する事故がありました。

警察は運転操作を誤ったとみて、詳しい事故の状況を調べています。

事故があった場所

事故があったのは福島県いわき市好間町大利にあるモトクロス練習場とされています。

モトクロス(GP)約1.8キロとミニコース約0.64キロの2種類があるモトクロスの練習場のようです。

事故の経緯

12月10日正午過ぎ

  • いわき市好間町大利にあるモトクロスの練習場
  • 30代女性が運転するバイク
  • コースから外れコース脇の崖下に
  • 全身を強く打つ
  • 病院に搬送されるも死亡が確認される

コースは路面が土で、高低差や急なカーブがあり、女性は急カーブを曲がりきれずコースを外れてしまったとみられています。

崖は約3〜4メートルの高さがありました。

運転操作を誤ってコースを外れたとしても、コース側も安全には配慮しているはずで、すぐに崖というわけではないと考えます。そうなると女性はコースを大きくはずれたということになりますが、女性の側も初めてなはずはありません。女性に何かがあったのでしょうか。

現在警察は詳しい事故の状況を調べているということです。

2013年にはプロライダーの死亡事故も

過去の事故の例を遡る

  • 小関英吾さん
  • プロライダー
  • 2013年
  • 2.5メートルのジャンプ台着地に失敗して死亡

という事故がありました。

プロでさえ一つミスをすると第事故になっていしまう、危険な競技ということですね。

佐藤英吾さんの走りが見られます。

アクロバティックなプレーですが、たしかに危険な競技であることも感じ取れます。

モトクロス練習場で死亡事故

 10日、いわき市のモトクロスの練習場で、30代の女性が運転するバイクがコースからはずれてがけ下に転落し、女性は全身を強く打って、搬送先の病院で死亡が確認されました。

10日正午すぎ、いわき市好間町大利にあるモトクロスの練習場で、バイクがコースからはずれて、コース脇のがけ下に転落しました。

警察によりますと、バイクを運転していたのは千葉県の30代の女性で、いわき市内の病院に運ばれましたが、全身を強く打っていてその後、死亡が確認されました。

コースは路面が土で高低差や急なカーブがあり、女性は練習中にカーブで曲がりきれずにコースからはずれ、3メートルから4メートルほど転落したということです。

警察は、運転操作を誤ったのが原因とみて、詳しい状況を調べています。

引用:モトクロス練習場で死亡事故|NHK 福島県のニュース

シェアする

フォローする