浅草ほおずき市2016年の日程と時間は?風鈴の意味と値段を紹介!

sub_photo_shimanrokusen04b
出典:浅草寺|年中行事 四万六千日

7月の浅草といえば「ほおずき市」ですよね。

ほおずきは6月から7月にかけて花を黄色い花を咲かせ、

その頃には日本各地で「ほおずき市」が開かれます。

特に浅草寺のほおずき市は江戸時代から続く伝統あるもので

毎年60万人以上の人々がおとずれます。

スポンサードリンク

2016年ほおずき市開催日程

日程

  • 2016年7月9日(土)〜10日(日)

時間

  • 本堂6時00分〜20時00分
  • ほおずき市8時00分〜21時00分
  • 雨天開催、荒天時中止

大変な混雑が予想される浅草寺のほおずき市です。

参拝をされる方は、ほおずき市開始前に本堂に行っておくといいかもしれませんね。

7月10日は観音様の日です

浅草寺で祀られているのは観音様です。

ほおずき市が開催される7月10日は観音様の日でもあります。

そのため、この日は1年で最も功徳のある日となり、

お参りをすれば4万6000日分の功徳が得られます。

功徳(くどく)とは

神仏の恵み。御利益。

現世を安らかに生きるために必要な物質的・精神的なものが満たされること。

ちなみに4万6千日は約126年分です。

ほおずきと風鈴と

浅草寺のほおずき市ではほおずきを買うと鉢に風鈴が付いて来ます。

ほおずきは観賞用ですが、同時に厄除けでもあります。

そして風鈴はお寺の四方につるされた風鐸(ふうたく)が原型です。

huutaku
出典:http://kimagurefg.web.fc2.com/kimag2011hana5.htm

つまり風鈴も厄除けなんですね。

気になるお値段

厄除けのほおずきと風鈴のお値段は、

  • ほおずき1鉢2500円
  • 枝付きほおずき:1000円程度
  • ほおずきの実袋詰500円程度
  • ほおずき1つ50円程度

ちょうどいい値段だと思います。

アクセス/車の場合には駐車場に注意!

大イベントなので駐車場には苦労します。

付近の駐車場は

台東区雷門地下駐車場(197台)などがありますが、

まず満車となってしまうでしょう。

そこで、公共交通機関でのアクセスを紹介します。

電車:

  • →東武スカイツリーライン「浅草」より徒歩5分
  • →東京メトロ銀座線「浅草」より徒歩約5分
  • →つくばエクスプレス「浅草」より徒歩約5分
  • →都営地下鉄浅草線「浅草」A4出口より徒歩約5分

バス:

  • →北めぐりんバス「二天門」から徒歩約2分

駅から約5分なら近いですね。

まとめ

  • 浅草ほおずき市開催日程は7月9日(土)・10日(日)
  • 本堂は6時から、ほおずき市は9時から
  • 7月10日は観音様の日、この日にお参りすれば4万6000日分の功徳が
  • ほおずきは厄除け、風鈴も厄除け
  • 駐車場は混雑するので電車がオススメ

7月10日は観音様とご縁のある日、すなわち「縁日」です。

お祭りが「縁日」と呼ばれるようになったのはこれに由来しているそうです。

また、10日の夕方以降になると、売れ残りが安く売られるようになります。

たくさんほおずきを仕入れたい方は夕方以降に行くといいかもしれません。

浅草ほおずき市で4万6000日分の功徳をもらってきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする