群馬伊勢崎 ガス管の下敷きになる事故の場所や原因は?溝に転落する

11月27日の正午ごろ群馬県伊勢崎市で、ガス管の敷設工事中に作業員3人がガス管の下敷きとなり、病院に搬送される事故がありました。

一人が意識不明の重体、2人も大ゲガということです、

ガス管は5本が連結されていて、重さは1本が178キロだったということです。

スポンサードリンク

作業員がガス管の下敷きに、1人重体 2人大けが

 群馬県伊勢崎市で、工事中に作業員がガス管の下敷きになる事故があり、作業員1人が重体、2人が大けがをしているということです。

27日正午ごろ、伊勢崎市今泉町で、ガス管の敷設工事中に作業員から「作業員がガス管の下敷きになった」と119番通報がありました。消防がかけつけ、男性作業員3人が病院に運ばれましたが、1人が意識不明の重体、2人が大けがをしているということです。ガス管は5本が連結されていて、1本が178キロの重さがあるということです。

作業員は、台車でガス管を運んでいる最中に溝に転落し、下敷きになったという情報もあり、警察と消防が事故の原因を詳しく調べています。

事故の経緯をまとめると

  • 11月27日正午ごろ
  • 群馬県伊勢崎市今泉町
  • ガス管の敷設工事中
  • 「作業員がガス管の下敷きになった」と119番通報
  • 消防が駆けつけ、作業員が病院に搬送される
  • 1人が意識不明の重体で2人が大けが
  • 作業員らは台車でガス管を運んでおり
  • 溝に転落して下敷きとなったという情報も

というものです。

ガス管を運んでいたということは、ガス管は高い位置にあって、それが溝に落ちていくなかで下敷きとなってしまったという状況ですよね。たった1本でも178キロもあるものが5本も連結されていれば危険度は相当なものです。

溝に転落してしまったということは、足を滑らせてしまったのでしょうか。もしかしたら相当重いものなので足元が見えない中での必死の作業だった可能性もあります。

果たして作業に関わっていた人数は何人で、適切な人数だったのでしょうか。

事故のあったガス管の工事現場の場所

事後があったのは伊勢崎市今泉町とされています。

画像により感じ取れる深さは違いますが、作業中であるため当然冊などはなありません。

ガス管を乗せた台車だとしたら運べるのは1本(ワンセット)ピッタリくらいでしょうか。道幅には余裕がある感じではありません。

スポンサードリンク

インターネット上での反応

xh | 21分前
ん…多分…通路となる場に道具や材を片付けずにそのまま無理をしても通ろうとしたんだろうね。(・・;)?

管を繋ぐときは余計な物は片付けないとね。

ヤフコメだけが社会の接点 | 25分前
ご冥府をお祈りいたします。

mus | 25分前
手順が間違っていたのか?

yma***** | 10分前
1本170kgって力士が降ってくるようなもんか…

santa boy | 13分前
重体も大怪我も大して違わない(((*≧艸≦)ププッ

agj***** | 27分前
安全管理
完全無視

スポンサードリンク

シェアする

フォローする