岐阜 高速道路でバス運転手が意識を失う..場所や原因は?乗客は軽傷

3月25日午前、岐阜県中津川市の中央道で、大型バスの運転手が一時意識を失い、塀やガードレールに接触する事故がありました。

この事故で乗客2名がケガをしているということです。

警察は、当時の詳しい状況を調べています。

事故があった場所

事故があったのは岐阜県中津川市の中央道上り線、中津川インターチェンジの手前とされています。

引用:バス運転手が一時意識失う 乗客2人がケガ(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

事故を起こした大型バスについて

事故を起こしたバスは

  • 大型バス
  • 名古屋駅から長野県立科町のホテルに向かっていた
  • 観光客を送迎していたシャトルバス
  • 乗客は34人
  • 2人が首を痛めたり、手に軽いけがをした
  • 運転していたのは57歳の男性運転手
  • 事故当時一時的に意識を失っていた

ということです。

事故の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 3月25日午前10時半前
  • 岐阜県中津川市の中央道
  • 大型バスが左側のコンクリートの壁やガードレールに接触
  • 当時の乗客は34人
  • 2人が首を痛めたり手に軽いケガをした
  • 運転手は意識を失いハンドルに伏せた状態だった
  • 声かけられて意識を戻した
  • 運転手は健康診断でも異常はなかった

高速道路で単に寝てしまうというのは考えにくいですが、意識を失っていた理由は何だったのでしょうか。

警察が当時の状況を詳しく調べています。

インターネット上での反応

jee* | 6分前
運転手さんの乗務前の行動が知りたい。

gor***** | 20分前
ホントは居眠りだったんじゃない?

shi***** | 23分前
大事故にならなくて良かったなぁ…

a32***** | 27分前
自動ブレーキが必要

バス運転手が一時意識失う 乗客2人がケガ

岐阜県中津川市の中央道上り線で大型バスによる事故があり、乗客2人がケガをした。

バスの運転手が一時意識を失っていたということで、警察が当時の状況を詳しく調べている。

警察によると、25日午前10時半前、中央道上り・中津川インターチェンジの手前で、名古屋から長野に向かっていた観光客を送迎する大型バスが、高速道路左側のコンクリートの塀やガードレールなどに接触する事故を起こした。

バスには乗客34人が乗っていたが、そのうち2人が首を痛めたり、手に軽いケガをしたという。

57歳の男性運転手にケガはなかったが、事故当時、一時的に意識を失っていたということで、警察が当時の状況を詳しく調べている。

引用:バス運転手が一時意識失う 乗客2人がケガ(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

シェアする

フォローする