北九州 車がフェンスを突き破り5m落下…場所や原因は?別の車の上に

4月14日夕方、北九州市で、軽乗用車が飲食店の駐車場のフェンスを突き破り、およそ5メートル落下する事故がありました。

軽乗用車には高齢女性2人が乗っており、重軽傷を負っています。

警察は、軽乗用車を運転していた女性から話を聞くなどして、事故の詳しい原因を調べているということです。

事故があった場所

事故があったのは北九州市八幡西区千代ヶ崎の飲食店の駐車場とされています。

軽乗用車に乗っていた2人の容態など

事故を起こした軽乗用車に乗っていたのは

  • いずれも81歳の女性2人
  • 運転していた女性が頭を打つ軽いケガ
  • 後部座席に乗っていた女性は手首を骨折する大けが

ということです。

事故の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 4月14日午後6時ころ
  • 北九州下の飲食店の駐車場
  • 軽乗用車がフェンスを突き破りおよそ5メートル落下
  • 下も駐車場で別の車の上に転落
  • 下敷きになった車は後ろの部分が大きく潰れる
  • 隣の車も一部が壊れる
  • いずれも人は乗っていなかった

手首骨折の重傷とはいえ、5メートルも落下しており、運が良かったと感じます。

現在警察は、軽乗用車を運転していた女性から話を聞くなどして、事故の詳しい原因を調べているということでです。

フェンス破り車転落2人重軽傷

14日夕方、北九州市八幡西区で軽乗用車が飲食店の駐車場のフェンスを突き破り、およそ5メートル下ある駐車場にとめてあった車の上に転落し、軽乗用車に乗っていた高齢の女性2人が重軽傷を負いました。

14日午後6時ころ北九州市八幡西区千代ヶ崎の飲食店の駐車場から軽乗用車がフェンスを突き破り、およそ5メートル下の本屋の駐車場にとめてあった車の上に転落しました。

警察によりますと軽乗用車を運転していた81歳の女性が頭を打つ軽いけがをし、後部座席に座っていた同じく81歳の女性が手首の骨を折るなどの大けがをしました。

下敷きになった車は後ろの部分が大きく潰れ、この車の隣にとめてあった別の車も一部が壊れましたが、いずれの車も人は乗っていませんでした。

警察は、軽乗用車を運転していた81歳の女性から話を聞くなどして事故の詳しい原因を調べています。

引用:フェンス破り車転落2人重軽傷|NHK 福岡のニュース

シェアする

フォローする