Evernote有料化?クレジットカード無しでアップグレードする方法

Evernoteが無料プランの機能制限の追加と料金プランの変更を発表しました。

最大の変更は無料(ベーシック)プランでの

同期ディバイスが2台までに制限される点でしょう。

Evernoteに似たアプリはありますが、

Evernote自体はとても便利なアプリでファンもいます。

このプラン変更をきっかけにベーシックからプラス、

またはプレミアムの変更を考える方も多いんじゃないでしょうか。

ただし、基本的にはアップグレードにはクレジットカードが必要です。

そこで躊躇されているかもしれません。

ということで、今回はこのプラン変更の内容と、

クレジットカード無しでのアップグレードの方法を紹介します。

スポンサードリンク

Evernoteの機能制限と料金プランの変更内容

変更は8月15日以降に適用されます。

具体的には

  • ベーシック(無料)プランでの同期ディバイスの2台制限
  • 有料プランの値上げ

が変更内容です。

ただし、ディバイス制限について、

Evernote Webはディバイスにカウントされません

つまり、インターネットブラウザからであれば

どのディバイスからでもEvernoteにアクセスできます。

3台以上のディバイスがあったとしても、

使えなくなるわけではないんですね。

有料プランの料金確認

アップグレードするとしても、「プラス」と「プレミアム」と2つのプランがあります。

それぞれの料金プランの変化を確認しておきましょう。

プラスプラン

  • 月額:240円→360円
  • 年額:2000円→3100円
  • 約1.5倍

プレミアムプラン

  • 月額:450円→600円
  • 年額:4000円→5200円
  • 約1.3倍

結構高くなりますね。

次はプラスプランとプレミアムプランとの違いを簡単に確認しておきます。

プラスプランの特徴

  • ノートサイズ:(25MB→)50MB
  • 月間アップロード容量:(60MB→)1GB
  • オフラインでの使用できる
  • メールのEvernote保存ができる

プラスプランの最大特徴はメールのEvernote保存です。

メールも含めて様々な情報をEvernoteにまとめておく方は多いと思います。

その場合にはプラスプラン以上がいいでしょう。

また月間アップロード容量1GBも頼もしいです。

わたしの使用環境では60MBだと全然足りませんが、

1GBだと余裕で足ります。

プレミアムプランの特徴

  • ノートサイズ200MB
  • 月間アップロード容量100GB
  • 添付ファイルの中まで検索できる
  • プレゼンテーションモードが使える
  • PDFに注釈できる
  • 名刺スキャンしてデジタル化できる
  • ノート履歴にアクセスできる
  • 自分のノートに関連深いコンテンツを表示

このようにプレミアムプランだと色々なことができるようになります。

便利なのは添付ファイルの中まで検索ができる機能でしょうか。

ノートサイズ200MBも心強いですね。

その他はいきなりは使うタイミングはないかもしれませんが、

ビジネスツールとしては有用です。

クレジットカードなしでアップグレード

Evernoteのアップグレードには基本的にクレジットカードが必要です。

しかし、クレジットカードなしでもアップグレードをする方法があります

VプリカでEvernoteをアップグレード

コンビニ等で売られているプリペイドのVプリカ

クレジットカードの代わりになります。

Vpurika

事前に購入して購入手順に移りましょう。

具体的な手順は

  • Vプリカ公式ホームページでアカウント開設
  • Vプリカギフト登録
  • Evernoteアプリからアップグレードを購入

となります。

詳しく見ていきましょう。

詳しい手順

Vプリカギフト登録

Vpurika1

左上のアカウント開設(無料)からアカウントが開設できます。

Vプリカギフト登録

購入したVプリカを登録します。

登録はいわゆる「チャージ」や「入金」にあたる作業で、

登録が完了すると、以下の様なカードが表示されます。

Vpurika3

登録が終わってもまだ使うのでまだ捨てないでください。

画像で****とされているクレジットカード番号は

下4桁だけが印字されている状態ですが

12桁の部分はVプリカのカードの銀はがしの部分に印刷されています。

これでVプリカの準備が完了しました。

Evernoteアプリからアップグレードを購入

あとは支払いを済ませるだけなのですが

わたしの環境だと、

PCアプリからでは購入エラーとなり購入失敗。

Evernotekounyuu

そこで、Androidアプリから購入を試してみたところ、

あっさり購入に成功しました。

PCアプリからの購入エラーの原因が分かっていないため少し心配ですが、

何らかの理由でクレジットカードなしでEvernoteをアップグレードしたいという場合には

Vプリカでの購入を試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • Evernoteベーシック(無料)プランでは今後はディバイス2台までしか同期できない
  • Evernote Web(ブラウザ版)は上記2台にカウントされない
  • プラスプランは月額360円、年額3100円に値上がり
  • プレミアムプランは月額600円、年額5200円に値上がり
  • プラスプランは月の容量が1GBでEvernoteにメールが保存できる
  • プレミアムプランはファイルサイズが200MBまでで、添付ファイルの中身まで検索可
  • クレジットカードがなくてもVプリカを使えばアップグレードできる

Evernoteは無料でも広告なしのスタイルできました。

使用体験が購入につながる、という考えからだそうです。

それだけいいものを作っているという自信があるんでしょうね。

わたしは以前月のアップロード容量が足りなくなり

ベーシック(無料)からプラスプランにアップグレードしています。

使えないと困りますからね。

最近はEvernoteをランチャー代わりにしているので、

大きい添付ファイルのあるノートがアップロードできずにちょっと困っていました。

これをきっかけにプレミアムプランも検討中です。

以上Evernoteベーシックプランの機能制限と料金改定に関する記事でした。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする