劇場版『エウレカ1』の公開日が決定!前売り券や特典とCV情報も

【追記】

引用:ねだるな、カセットを勝ち取れ!“アネモネ”を探せキャンペーン | 『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』

新キャペーン

アネモネを探せキャンペーン

が9月30日より開催中です。

スポンサードリンク

アネモネを探せキャンペーン

『エウレカセブンハイエボリューション2』のメインが

アネモネになることにちなんだキャンペーンだそうですが

実は『1』の方にもでているそうです!

キャンペーンの内容は

本編中に出てくるアネモネを探せ

ということで

このサイトでアネモネが登場しているシーンを

選ぶということなのですが。

14シーン中アネモネが登場しているのは7シーン

どうやらアネモネがどこかにいるのではなく

アネモネの写真などもアネモネと判断するようですね。

…見たところ、難しそうですね。

全て正解する確率は2分の1だと思ったら

1つでも間違えてはいけないので

3000分の1以下だそうです…本当かな?

映画を見て見つければいいんですが

覚えてられないですよね。

上映中に携帯開くわけにも行かないし…

がんばりましょう!


映画『交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション1』の公開が2017年9月16日(土)に決定しました。公開日の公表に合わせて前売り券や特典とキャラクターボイスを担当される声優さんの情報も公開されています。詳しく見ていきましょう。

エウレカセブンハイエボリューション1

  • 公開:2017年9月16日(土)
  • プレゼント付き前売り券発売日2017年5月20日(土)
  • 前売り券料金:1500円(税込み)
  • 特典:映画オリジナルクリアファイル
  • 売り場:全国の劇場窓口(一部劇場を除く)

上映される劇場は以下のページで確認できます。

クリアファイルにはエウレカ、アネモネ、レントンの3種類があります。

引用:映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』

よく見ると「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のタイトルの下に「1」「2」「3」と数字が書いてありますよね。

つまり3部作に対応しているのでしょう。

そして、なくなり次第終了という怖いことも書いてあります…

引用:映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』

また、前売り券は「ムビチケ」方式で記念として取っておけるということです。

「1」のムビチケには「1」の数字の入ったエウレカバージョンのもののようです。

ただそもそも「ムビチケ」がいまいち分からないのですが、あとで調べてまとめておきます。

キャラクターボイス

公開日の発表に合わせてキャラクターボイスの担当声優の方々も公表されました。

注目のホランド・ノヴァク役は森川智之さんが担当されると発表されています。

その他のキャラクターボイス担当の方をコメントと合わせて紹介します。

“レントン・サーストン:三瓶由布子さん”
“エウレカ:名塚佳織さん”
“ホランド・ノヴァク:森川智之さん”
“タルホ・ユーキ:根谷美智子さん”
“デューイ・ノヴァク:辻谷耕史さん”
“アドロック・サーストン:古谷徹さん”
“チャールズ・ビームス:小杉十郎太さん”
“レイ・ビームス:久川綾さん”

ホランド以外はオリジナルと同じ声優さんが担当されるようですが、タルホさんやレイさん、そしてデューイなどはヴィジュアルが少し変わっていますね。

特にタルホさんは「1」からいきなり清楚な路線で行くのでしょうか。

そして今回の発表で注目すべきは

アドロック、そしてチャールズとレイですよね。

出典:『交響詩篇エウレカセブン』EP.47 アクペリエンス・4

ファースト・サマー・オブ・ラブを描写するにあたっては英雄アドロックは絶対に必要です。

オリジナル版ではついにアドロックが話し始めるか、というところでお姉ちゃんに邪魔されてしまいますが、今度こそセリフありということですね。

出典:『交響詩篇エウレカセブン』EP.27 ヘルタースケルター

そしてチャールズさんとレイさんも出演されるようです…

映画版ではカットされてしまうのかと思いきや、ちゃんと3人の家族の物語も語られるのですね。

しかし、チャールズのCVを担当される小杉十郎太さんがハンカチをもう一枚とおっしゃるように、きっと最後には…

ちなみに上の画像で2人が飲み込んでいるのは、万が一の場合に備えた自爆用の爆弾だそうです…

その他、まだ公表されていないキャストできになるキャラクターを挙げると

出典:『交響詩篇エウレカセブン』EP.48 バレエ・メカニック

ドミニク「アネモネ〜〜」

出典:『交響詩篇エウレカセブン』EP.48 バレエ・メカニック

アネモネ「救おうとしてくれた。」

出典:『交響詩篇エウレカセブン』EP.32 スタート・イット・アップ

アクセル「受け取れ、レント〜〜〜〜ン!」

などなど、キリがないです。

アクセルはオリジナル版のCVを担当された青野武さんが亡くなられてしまったので新しいキャストとなるはずですが、…まさか登場がないなんてことはないですよね!?

かなり濃い内容となる予感

もともと50話もあった作品です(サッカー回はあまりストーリーに関わりませんでしたが…)。

それが映画になると聞いた時、はじめはもちろん嬉しかったです。

しかし、よくよく考えると

  • 「50話もあるストーリーを映画になんてできるのか」
  • 「ストーリーが飛躍してしまわないか」
  • 「加えてファースト・サマー・オブ・ラブまで入れて詰め込みすぎにならないか」

など正直不安でした。

しかし今回チャールズさんとレイさんが映画に登場すると知って気が付きました。

3部作なんですよね。

何も2時間にまとめようとしているのではなくて、映画3つ分の十分な時間がありました。

確かに一つ2時間としても6時間ですが、たとえば『バック・トゥ・ザ・フューチャーを1〜3』まで見ると考えてください。

何度ハラハラして感動すればいいのかという感じですよね。

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』かなり濃い内容になりそうな予感です!

まとめ

とうとう3部作の第1作目の公開が公表されました。公開前にオリジナルを復習するか、新鮮な気持ちで映画を見るか迷いますね。もしくは映画を1度見て、その後にオリジナルを見て、もう1回映画を見るのもいいかもしれません。9月16日の公開を楽しみに待ちましょう。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする