エピカテキンをチョコレートから摂取!簡単にアンチエイジング

エピカテキンはチョコレートに含まれる

ポリフェノールの一種で、

多くの健康効果が期待されています。

今回はエピカテキンの健康効果と、

効果的なチョコレートの食べ方についてまとめました。

チョコレートの含まれるエピカテキン

チョコレートには非脂肪カカオ分という成分があり、

この中にポリフェノールが含まれます。

そしてこのポリフェノールの中に

エピカテキンなどの成分が含まれています。

非脂肪カカオ分を含むチョコレート

引用:チョコレート効果|株式会社 明治

チョコレートにもビター・ミルク・ホワイトなど

いくつかの種類がありますが、

ホワイトチョコレートには

非脂肪カカオ分が

含まれていないので

エピカテキンも含まれません

またミルクチョコレートよりも

ビターチョコレートの方が

より多くのエピカテキンが含まれます。

エピカテキンの健康効果を期待して

チョコレートを食べる場合には

カカオ分の多い

ダークチョコレート

と呼ばれるものを選びましょう。

最近ではカカオ分70%、82%、95%など、

「高カカオ」が分かりやすく表現されている

商品も多くあります。

エピカテキンの効果

エピカテキンの効果には

  • アンチエイジング
  • 高血圧予防
  • 生活習慣病予防
  • アレルギー予防
  • 免疫力のアップ
  • 傷を治りやすく
  • 記憶力・集中力のアップ
  • 整腸作用
  • 精神安定
  • 眠気防止

など、とても多くの効果が期待されています。

アンチエイジング

エピカテキンには活性酸素の除去効果

があると言われています。

活性酸素は細胞を傷つけ

老化を促進すると言われています。

エピカテキンが活性酸素を除去し

細胞の老化を防止し

アンチエイジングに役立つわけですね。

高血圧予防

エピカテキンには血管の細胞を活性化する

効果があると言われています。

この活性化により血管が広がり、

血圧を抑えてくれるんですね。

傷を治りやすく

これはエピカテキンの他に

チョコレートに含まれる

微量の亜鉛が影響します。

亜鉛が皮膚の再生を助け、

エピカテキンが炎症を抑えます。

記憶力・集中力のアップ

高カカオのチョコレートを

継続的に摂取することで

脳神経に関わるタンパク質が増え

記憶力・集中力アップに繋がる

と言われています。

精神安定

これはポリフェノールの効果で、

ストレスを感じたときに分泌される

コルチコステロンと呼ばれるホルモンを

抑制する働きがあるということです。

つまり感じるストレスが減り

安定した精神状態が保てるのですね。

眠気防止

チョコレートにはカフェインに似た

テオブロミンと呼ばれる物質が含まれており

これが眠気防止に役立つそうです。

カフェインほど強い物質ではないため

穏やかな効果が期待できます。

チョコレートの効果的な食べ方

エピカテキンが健康に効果があるといっても

やはり食べ過ぎはよくありません。

ここで効果的な食べ方を紹介します。

2時間ほど時間をあけて、1日の量は30グラムほど

エピカテキンも食べてすぐ全身に

渡るものではないので、

時間をあけて少しずつ食べるのがいいでしょう。

目安としては2時間ごとに、

1欠片ずつ程度で十分です。

また1日の量は30グラム程度に抑えましょう。

これは一般的な板チョコの半分程度です。

まとめ

  • チョコレートのエピカテキンに健康効果
  • たくさん食べすぎない
  • 2時間ごとにすこしずつ
  • 1日に30グラムほど

チョコレートを食べることを

気分転換にしてもいいですよね。

簡単にできることなので

ぜひ試して下さい。