愛媛伊予 車から2歳男児が転落..場所や原因と容態は?ドアが突然開く

1月17日、愛媛県伊予市の国道で、80代の男性が運転する軽自動車から乗っていた2歳のひ孫の男児が道路に転落し、軽傷を負うする事故がありました。

男児はチャイルドシートを着用していなかったということです。

現在警察は、事故の詳しい原因などを調べています。

事故のあった場所

事故があったのは愛媛県伊予市中山町の国道56号線とされています。

事故の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 1月17日午前8時過ぎ
  • 愛媛県伊予市の国道
  • 松山方面に走っていた車
  • 80代の男性が運転
  • 後部座席のドアが突然開く
  • 男性のひ孫の男児が道路に転落
  • 軽いけがを負い病院で手当を受けた
  • ひ孫は他の子供と一緒に乗っていた
  • チャイルドシートは付けていなかった
  • 「シートベルトはさせていた」

突然開いた理由は思いつきませんが、男児や他の子供がドアを開けてしまったのでしょうか。

大けがとはならなかったようで、その点は幸いといった感じですね。

現在警察は、ドアが突然開いた理由など、事故の詳しい原因を調べているということです。

走行中の車から2歳児転落 軽傷

 17日朝、伊予市の国道で、80代の男性が運転する軽自動車の後部座席のドアが突然開き、乗っていた2歳のひ孫が道路に転落して軽いけがをしました。

ひ孫はチャイルドシートを着用しておらず、警察は、ドアが開いた原因などを調べています。

17日午前8時すぎ、伊予市中山町の国道56号線で、松山市方面へ走っていた80代の男性が運転する軽自動車の後部座席のドアが突然開きました。

このはずみで、男性のひ孫にあたる2歳の男の子が道路に転落して軽いけがをし、病院で手当てを受けたということです。

警察の調べによりますと、ひ孫は、ほかの子どもとともに後部座席に乗っていましたが、6歳未満の子どもに着用が義務づけられているチャイルドシートをつけていなかったということです。

男性は、「シートベルトはさせていた」と話しているということで、警察は、ドアが開いた原因などを調べています。

引用:走行中の車から2歳児転落 軽傷|NHK 愛媛のニュース

シェアする

フォローする