エゴサーチができるスマホアプリSWAG for Personal 使う勇気が…

エゴサーチが簡単にできて、いじめや炎上対策ができるアプリ「SWAG for Personal」がリリースされました。これって、自分が批判の対象になっていないか調べられるというものですよね…使うにはかなり勇気が入りますよね。一体どういうものなのでしょうか。

スポンサードリンク

SWAG for Personal

SWAGはWebサイトの記事やTwitter、2chなどに書き込まれた風評被害を監視できるサービスです。
これを使えば、あなたのお店やサービスについての風評被害を即座に見つけ、対策を取ることが可能になります。
ネットでの風評被害を即座に見つけ、被害を最小限に留められるよう我々Methodがお手伝いします。

引用:SWAG for Personalを App Store で

なるほど、お店の風評被害対策などということですね。

てっきり子どもがエゴサーチをして自分の悪口がないかどうか調べるためのものかと思いました。

たしかにちょっとしたコメントで炎上してしまうこともありますからね。

被害を抑えるという意味では早期発見は重要でしょう。

ちなみに現在(2017年4月8日)はiOSバージョンしかありませんが、Androidバージョンを作成中ということです。

ネガティブワードをチェック

”SWAG for Personal”は、アプリケーションをインストールしてキーワード検索していただくだけで、インターネット上のネガティブな書き込みを手軽に検索することができます。

引用:株式会社メソッドのプレスリリース

このアプリを使うと、検索したキーワードにネガティブワード(悪口など)が添えられていた場合に、それを見つけられるようです。

ネガティブワードはネットスラングが使われていても人工知能が検出してくれてるんだそうです。

例としては

  • 市価としようよ=無視しようよ
  • 氏ね=死ね
  • 肝い=気持ち悪い

などがあるそうです。

ネットスラングというよりも、変換ミスも読み取るという感じでしょうか。

この例を見ると完全にSNSいじめを想定しているようですが、そういうものは見つけてしまったらそれはそれでショックですよね。

このアプリを起動するときは毎回覚悟をしないといけません。

「顔の見えないネット時代、自分の身は自分で守れ」

ということなのでしょうか。

具体的な動作

具体的には

  • Google検索、Yahoo検索、2ch、知恵袋、ツイッター内を検索
  • その他のブログサービスなどのサイトも検索できる
  • 関連する書き込み上位100件を一覧表示
  • キーワードは複数登録可
  • メールやツイッターで通知がもらえる

という動作をしてくれるということです。

引用:教えて!goo

また機能として、アプリ内で書き込みの削除申請ができるそうです。

削除申請先や削除例文がアプリ内に収められており、「素人でもかんたんに削除申請ができる」とアピールされています。

具体的な解決策の一つとしては、この削除申請の機能は助かりますね。

インストールしてみると

現在のところアカウントの登録ができません!

再度登録を試すと、アカウント名やパスワードは登録済みとされますが、ログインを試しても入れない状態です。

またしばらくして試します!

検索精度はどうなのか?

検索精度が気になりますよね。

その点を試してみたかったのですが、今はまだ使えないようです。

キーワードを登録したところで、どこまで深く見てくれるのでしょうか。

おそらく登録したキーワードで検索した結果から、関連するものを抽出するのだと考えられますが、精度次第では他にも利用できる便利アプリとなりそうです。

まとめ

自分に関するネガティブワードを検索する勇気はありませんが、お店などからしたら炎上対策としては一つの手段かもしれませんね。

現在はまだリリース直後なので安定的には使えないようです。

今後どのようになるのでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする