大企業が花見の場所取りのマナー違反か?撤去が警察に感謝される

世間ではプレミアムフライデーが年度末と重なり「それどころじゃない!」という声もあるようですが、季節は春です。暖かくなり続々と桜の開花宣言も出されています。つまり花見です。いくら忙しくとも花見も忙しさの一つ、やるところはやるんですね。

花見に関連しては2016年に問題になった「花見の場所取り」がありました。一流企業が我が物顔で公園を占拠し、批判を受けて場所取りのブルーシートを撤去。お詫びをするという事態になりました。それからたった1年、1年も経てば過去のことなのでしょうか。再び一流企業が花見の場所取りをしていたのではないか、ということが話題となっています。

スポンサードリンク

ボランティアの方がブルーシートを撤去

話題のきっかけはインターネットでの生配信「ニコニコ生放送」でした。

引用:暗黒黙示録(横山緑)

配信者の横山緑さんは上野公園で毎年ボランティアとして花見の時期には公園の掃除をしているそうです。

つまり場所取りのブルーシートなどを撤去しているということですね。

  • 公園をキレイにしたい
  • 夜通し場所取りをしている人がいるのにシートでの場所取りはチート(ずる)
  • シートで場所をとるのではなく順番に朝5時や7時に来て場所をとるのが筋
  • 公園、警察は迷惑を被っている
  • ルールとマナーを守るのが日本人
  • 自分はいいことをしている!

という思いで、場所取りとして放置してあるブルーシートやダンボールをがんがん撤去していきました。

慎重に作業する緑さんら

堅い意志の元に作業をする横山緑さんですが、かなり慎重なようで

  • 上野公園が午後11時〜朝5時が立ち入り禁止と聞いて出ようか悩む
  • 危なそうな人が見ているのでその場を離れる
  • 本当にいいことなのかを心配する
  • 法律的に大丈夫なのかを心配する
  • 絶対に企業名は出すなよ(カメラマンに対して)
  • 「この動画はすぐ消す」

というように、何度も作業を中断しかけます。

動画の終盤には

「正直言って内心ドキドキしながら作業してました。」

と告白していますが、本当に憔悴している様子です。

スポンサードリンク

警察に感謝される

法律的に大丈夫なのかを心配していた横山緑さんでしたが、途中で警察の方に声をかけられてしまいます。

掃除をしているという事情を説明し、問題があれば辞めるという横山緑さんに対して警察の方は

  • 問題はない
  • 黒い服面の人がブルーシートに潜って何かを拾っていると110番があった
  • 我々が手を出せないことをしてくれてありがとう

と、まさかの感謝をされてしまいます。

これには心配しながら作業をしていた横山緑さんでしたが、お墨付きを頂いた形となり、作業は更に進むことになりました。

ちなみに法律的には、捨ててしまえば問題が発生してしまいますが、畳んでよけておくだけであれば、問題とはならないとの考えが主流です。

また、上野公園の花見の場所取り等に関するルール

  • 長時間お場所取りは禁止
  • 場所取りの代行も認めていない
  • パトロールや警備員が場所取りのシートを撤去する
  • 可能な限りゴミは持ち帰り

とされています。

ここからしてもボランティアとしてシートの撤去は問題なさそうですね。

参考 > 上野公園 お花見Q&A【お花見ルール関係】

しかし、ここで問題が発生してしまいます。

ハプニング?企業名が映ってしまう

引用:YouTube

横山緑さんと協力者の計4名ほどで作業をされていましたが、問題が起きたのは一緒に作業をしていた美奈子さんがあるダンボールを見つけたことでした。

「大成建設ってかいてあるよ!」

企業名は映すなと言っていた横山緑さんは固まってしまいます。

視聴者としては昨年の出来事が思い出されますよね。

もちろん偶然ダンボールに企業の名前が入っていただけかもしれません。

もしかしたら企業の権威を借りようとして、勝手に名前を書いたのかもしれません。

横山緑さんの反応からして本当ですが、そもそも映像が不鮮明で読み取ることはできません。

と言ったように、疑う余地はまだまだありますが、問題は再燃しそうですね。

ちなみに、美奈子さんは深夜にもかかわらず元気な方で、あえてなのか天然なのかトラブルメーカーの様子もあります。

しかし同時にコミュニケーション能力も高くムードメーカでもあり、

  • 「危なそうな人」とコミュニケーションを取る→危なくないことを確認
  • 警察の方とコミュニケーションを取る→スムーズな対応
  • 途中で石を投げつけられる出来事→何故か追っかけようとする

などなど、正直不思議な方です。

横山緑さんに対しては

「今度は緑ちゃんのゴミ屋敷を掃除しようか?」

などの声掛けで、若干めんどくさそうな対応をされてしまいますが、

「美奈子さんがいなかったら多分すぐ帰ってた」

と横山緑さんがコメントするなど、トラブルメーカーでありながらも、助けられた人物のようです。

まとめ

一流企業が場所取りをしていたとなれば、昨年のことが繰り返されたこととなり、報道も批判もあまり社会に対する影響が残せなかったということでしょう。

毎年やっていて麻痺しているのでしょうか。

たしかに、場所取りをするのは企業トップではなく言われた人間だと思います。

下の人間であれば、もし言われればやるしかないのでやってしまうでしょう。

もし企業による場所取りがされていたとしたら、管理者がしっかりと問題を認識しないと解決しそうにありませんね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする