沖縄安慶田バイク事故の場所は?金城歩夢さん16歳が…2人乗りで追突

なぜバイクの免許は16歳で取れるのでしょうか。車と比べて安価で小さい分、扱いやすいという麺もあるかもしれませんが、事故になった場合には…今回は16歳の少年が命を落としています。

スポンサードリンク

バイク事故で16歳の少年死亡

24日夜沖縄市の国道で、2人乗りのオートバイが、右折しようと停車していた車に追突したあと、対向車線を走ってきた別の車に衝突する事故があり、オートバイに乗っていた16歳の少年が、頭などを強く打って死亡しました。

24日夜10時ごろ沖縄市安慶田の国道で、右折するために停車していた軽乗用車に、2人乗りのオートバイが追突しました。

オートバイは、追突のはずみで対向車線に飛び出し、走ってきた別の軽乗用車に衝突しました。

この事故で、オートバイに乗っていた、うるま市の無職、金城歩夢さん(16)が頭などを強く打って病院に搬送されましたが、間もなく死亡が確認されました。

また、同じオートバイに乗っていた、もう1人の16歳の少年も、頭や足に大けがをしたほか、追突された軽乗用車を運転していた47歳の女性も、軽いけがをしました。

現場は、見通しのよい片側2車線の国道で、警察は、事故の詳しい状況を調べています。

まとめると

  • 24日夜の10時頃
  • 右折待ちで停まっていた車に
  • 2人乗りのバイクが追突
  • はずみで対向車線に飛び出し
  • 別の車と衝突
  • 金城歩夢さん(16)が死亡
  • もう一人も頭や足に大けが
  • 衝突された車の運転手の女性も軽いけが

というものです。

2人乗りが影響していたんじゃないかと思ってしまいますよね。車でもたくさん乗せると運転の感覚が違うといいますし。しかも2人乗っていて1人助かったとしても、自責の念というか、無念の思いというか、後悔が絶対に残るでしょう。

輸送の便利さから考えて2人乗りの可能性を残しているのかもしれませんが、2人乗りに年齢制限を設けるなど、考えていったほうがいいですよね。

ただ今回は、停車していた車への追突ということで、よそ見していたか、暗かったのか、何かがあったのでしょうか。現場は見通しのよい通りだったといいます。

スポンサードリンク

事故の現場

事故があったのは沖縄市安慶田の国道ということです。

オートバイに乗っていた金城歩夢さん16歳

亡くなったのはオートバイに乗っていた金城歩夢さんと報道されています。

  • 16歳
  • 無職
  • うるま市

運転をしていたのか、後ろに乗っていたのかは分かりませんが残念な結果です。

友達も悲しんでしまっていますね…

バイクは危険な乗り物なので、夜2人乗りなどはしないようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする