熊本阿蘇 温泉の天井はりが浴槽に落下..場所や原因とケガ人は?営業中

3月、熊本県阿蘇市の温泉施設で、長さ8メートルの天井のはりが折れ、浴槽に落下する事故がありました。

落下した当時は営業中で、客もいましたが、けが人はいなかったということです。

温泉を運営する阿蘇市は、安全性を点検した業者から、天井の木材の劣化や腐食を指摘されていました。

事故があった場所

事故があったのは熊本県阿蘇市黒川の温泉施設「阿蘇市温泉センター夢の湯」とされています。

引用:営業中に温泉施設で天井はり折れ浴槽に落下(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

落ちてきたはりについて

落ちてきたものについては

  • 木材でできた天井のはり
  • 8メートル
  • そのうち5メートルほどが浴槽に落ちる

ということです。

事故の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 3月24日午後9時半頃
  • 阿蘇市が運営する温泉施設
  • 男性浴場の天井にある長さ約8メートルのはりが折れる
  • 5メートルほどが浴槽に落下
  • 当時は営業中で客も10人ほどいた
  • 全員浴槽から出ておりけが人はなし
  • 建物の安全性を調査した会社から2016、2017の2度に渡り
  • 天井の木材の劣化や腐敗が指摘されていた
  • その後補強工事はしたが再開の目処は立っていない

事前に危ないということは知っていたはずですが、調査の意味がなかった形になってしまいました。

けが人は出ていませんが、その可能性も十分あったはずです。

インターネット上での反応

cha***** | 37分前
熊本地震の影響で建材の強度が弱くなったのかな?

マイロ | 1時間前
洞窟風呂が崩れて生き埋めとかなら死人が出たね

営業中に温泉施設で天井はり折れ浴槽に落下

先月、熊本県阿蘇市が運営している温泉施設で、営業中に長さ8メートルの天井のはりが折れ、一部が浴槽に落下していたことがわかった。

けが人はいなかった。

天井のはりが落ちたのは、阿蘇市黒川の温泉施設「阿蘇市温泉センター夢の湯」。

阿蘇市によると、先月24日午後9時半頃、男性浴場の天井にある長さ8メートルのはりが折れ、そのうち5メートルほどが、浴槽に落ちたという。

当時は営業中で、およそ10人の客がいたが、全員浴槽から出ていたため、けが人はいなかった。

阿蘇市は、建物の安全性を調査した会社から、2016年と去年の2回にわたって天井の木材の腐食や劣化を指摘されていた。

事故のあと、温泉施設は補強工事を行っていて、再開のめどは立っていない。

阿蘇市が運営する施設では、2015年にも一の宮町にある「アゼリア21」の女性浴場でアルミ製天井の一部が落下する事故が起きている。

引用:営業中に温泉施設で天井はり折れ浴槽に落下(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

シェアする

フォローする