兵庫尼崎 中2女子生徒が自殺..場所や学校での部活と原因は?遺書には

12月20日午後、兵庫県尼崎市で中学2年の女子生徒が、自宅で首をつった状態で死亡しているのを家族が発見しました。

部屋には「学校の部活動に疲れた」という内容の遺書のようなメモが残されており、自殺の可能性が高いということです。

事件があった場所

事件があったのは尼崎市内の自宅と報じられています。

女子生徒いついて

死亡しているのが発見された女子生徒については

  • 兵庫県尼崎市の市立中学校2年
  • 14歳
  • 軟式テニス部
  • 「学校の部活動に疲れた」という遺書のようなメモがあった

とされています。

この日は午後からの保護者懇談会のため、授業は午前中で終了していました。

男性教師が、午後1時半頃、教室で友人らと談笑する様子を目撃しており、特に変わった様子はなかったということです。

その後部活に行き…何かがあったのでしょうか。

事件の経緯

報じられている事件の経緯をまとめます。

  • 12月20日午後4時40分頃
  • 兵庫県尼崎市
  • 「娘が自宅で首をつり、救急搬送された」
  • 母親が学校に連絡
  • 搬送先の病院で死亡が確認される
  • 学校から帰宅した小6の妹(12)が発見
  • 2段ベッドの上部にかけた電気コードが首に巻き付いた状態だった

教育委員会はいじめの有無も含めて事情を聞いているということですが、たしかに部活と言ってもその中でいじめがなかったとも限りません。

ただ、突然の出来事にも感じられます。

この日に一体何があったのでしょうか。

中2女子、自宅で首つり自殺か 二段ベッドで、自宅にメモ 兵庫・尼崎

 兵庫県尼崎市の市立中学2年の女子生徒(14)が今月20日、自宅で首をつって死亡していたことが25日、尼崎市教育委員会への取材で分かった。

女子生徒は遺書のようなメモを自宅に残しており、自殺の可能性が高いとみている。

市教委によると、20日午後4時40分ごろ、女子生徒の母親が「娘が自宅で首をつり、救急搬送された」と学校へ連絡。搬送先の病院で死亡が確認された。学校から帰宅した小学6年の妹(12)が2段ベッドで首をつっている女子生徒を発見したという。

20日は午後から保護者懇談会があったといい、授業は午前中で終了。男性教諭が同日午後1時半ごろ、女子生徒が教室で友人らと談笑する様子を目撃した際は、特に変わった様子はなかったという。

女子生徒は中学校で軟式テニス部に所属していた。市教委はいじめの有無も含めて関係者から事情を聴いている。

引用:尼崎市の市立中学2年の女子生徒が自殺か 自宅に遺書のようなメモ – ライブドアニュース

シェアする

フォローする