秋田由利本荘 車内で母子2人で無理心中か…場所や原因は?夫が届け出

4月2日昼前、秋田県由利本荘市の観光施設に止められた軽乗用車の中で、41歳の母親と3歳の娘の2人が死亡しているのが見つかる事件がありました。

警察は、女性が無理心中を図ったとみて調べているということです。

事件があった場所

事件があったのは秋田県由利本荘市矢島町城内の観光施設の敷地内で、鳥海山の山麓とされています。

引用:車内で母子2人死亡 無理心中か|NHK 秋田県のニュース

見つかった母子について

見つかった母子については

  • 母親(41)
  • 娘(3)

とされています。

また女性には夫がいるようで、男性から

「妻と娘が出かけてから帰ってこない」

という届け出があったということです。

事件の経緯

報じられている事件の経緯についてまとめます。

  • 4月2日正午前
  • 秋田県由利本荘市の観光施設
  • 敷地内に止まっていた軽乗用車の中
  • 女性と女の子が死亡しているのを警察官が見つける
  • 「妻と娘が出かけてから帰ってこない」
  • 3月31日、男性から警察に届け出があった
  • 警察が2人の身元を調べ、確認された
  • 観光施設は4月中旬までは冬季休業中
  • 女性が無理心中を図ったとみられる

なぜ2人だけだったのでしょうか。

現在警察は、女性が無理心中を図ったとみて、夫に話を聞くなどして状況を調べているということです。

車内で母子2人死亡 無理心中か

2日昼前、由利本荘市の観光施設に止められた軽乗用車の中で、41歳の女性と3歳の娘の2人が死亡しているのが見つかり、警察は、女性が無理心中を図ったとみて調べています。

2日正午前、由利本荘市矢島町城内の観光施設の敷地内に止まっていた軽乗用車の中で、女性と女の子の2人が死亡しているのを警察官が見つけました。

警察によりますと、3月31日午後7時半ごろ、由利本荘市の男性から警察署に「妻と娘が出かけてから帰ってこない」と届け出があり、警察が2人の行方を捜していました。

警察が見つかった2人の身元を調べ、行方不明になっていた41歳の女性と3歳の娘と確認されたということです。

2人が見つかった軽乗用車には鍵がかけられ、車内には燃えた練炭があったということです。

軽乗用車が止められていた観光施設は鳥海山の山麓にあり、4月中旬まで冬期休業しています。

観光施設の従業員の男性は「びっくりした。今は休業中なので、このあたりにあまり人はこない」と話していました。

警察では、女性が無理心中を図ったとみて、夫に話を聞くなどして状況を調べています。

引用:車内で母子2人死亡 無理心中か|NHK 秋田県のニュース

シェアする

フォローする