愛知「はだか祭り」で男性が心肺停止…原因や容態は?呼吸は戻るも重体

2月28日に愛知県稲沢市で行われた「国府宮はだか祭」で、参加者の40歳の男性が倒れ、心肺停止の状態で病院に運ばれました。

男性は病院で呼吸は戻ったものの、意識不明の重体だということです。

現在警察が当時の状況などを詳しく調べています。

「国府宮はだか祭」とは

引用:はだか祭 « 尾張大國霊神社 国府宮

「国府宮はだか祭」は愛知県稲沢市の国府宮神社で行われる厄落としの祭りです。

「神男(しんおとこ)」に触ると厄が落ちるとされるもので、約1200年の歴史を持ちます。

約8000人の参加者が、上半身裸にふんどし姿で激しくもみ合うというものです。

事故の経緯

報じられている事故の経緯をまとめます。

  • 2月28日午後5時半頃
  • 「国府宮はだか祭」が行われていた第三鳥居近くの参道
  • 祭りに参加していた40歳の男性が倒れ
  • 心肺停止の状態で病院に搬送
  • 病院で呼吸は戻ったが意識不明の重体
  • 現場は多くの男性が祭りでも見合った場所近く

倒れているのが見つかったのではなく、倒れるのが目撃されたのでしょうか。

となると、もみ合いで踏まれてしまったなどではなく、体調の悪化ということになります。

寒さも関係があったのかもしれません。

現在警察が、詳しい経緯を調べているということです。

インターネット上での反応

tks***** | たった今
いやはや・・・あれだけ人が密集すればなあ・・・・
最後なんか、回しとか脱げて、全裸で本殿に引き込まれてたし・・・

yos***** | 7分前
(地元民)
ほとんど表だって報道されないんだけど、過去には死者も出ています。
私の知ってるだけでも二人。
そう言うことを承知の上で参加すべきかと思います。

fam***** | 7分前
倒れて踏まれたら危ないね。

プロ雀士 | 8分前
これって神事でしょ?
なんか色々と複雑だな。

yuk***** | 23分前
この祭りはただの喧嘩祭り。
どさくさに紛れて猫のように爪で引っ掻く奴もいる。

ターミン | 29分前
折角のお祭り参加されたのに当日は体調が悪かったのかしら?心肺停止との事ですがご家族も心配されていると思います。早く意識が戻ります様にお祈り致します。

シェアする

フォローする