大阪浪速 男性飛び降りのマンションの場所や原因は?部屋では妻が…

11月18日夜、大阪市浪速区のマンション前の路上で男性が転落しているのが見つかりました。

見つかったのはこのマンションの26階に住む男性(68)で、間もなく死亡が確認。

自宅では、首にコードのようなものが巻き付いた状態で死亡している整体院経営の妻(66)が見つかりました。

警察は、夫が妻の首を絞め殺害し、その後飛び降り自殺を図った可能性があるとして調べています。

スポンサードリンク

事件のあったマンションの場所

飛び降りのあったマンションは大阪市浪速区敷津東2の33階建てタワーマンションと報じられています。

地図

ストリートビュー

ストリートビューは敷津東2丁目の33階タワーマンションです。

ここが現場なのでしょうか。

転落していた男性

転落しているのが見つかった男性については

  • 68歳
  • 無職
  • 妻(66)と2人暮らし
  • 妻は整体院経営
  • このマンションの26階に住む

ということが報じられています。

部屋には、同じマンションに暮らす娘が鍵を開け、入ったということです。

スポンサードリンク

飛び降りか?

事件について報道されていることをまとめます。

転落している男性の発見

  • 11月18日午後11時45分頃
  • 大阪市浪速区のタワーマンション前の路上
  • 通行人からの110番通報
  • 「男性が上から転落したようだ」
  • 警察が倒れている男性を発見
  • 間もな死亡も確認される

部屋では妻が…

  • 19日午前2時10分頃
  • 同じマンションに暮らす娘に鍵を開けてもらい
  • 26階の男性の部屋に入る
  • 妻が死亡しているのが見つかる
  • 首にコードのようなものが巻き付いた状態
  • キッチンテーブルの脇でうつ伏せ
  • 部屋着だった
  • 部屋に争ったような跡はなかった

この男性については、同じマンションの住人によると

「エレベーターで夫と一緒になることがあった。自分の子に『いくつになったか』と声をかけてくれるなど、優しく穏やかそうな印象だった」

ということです。

状況は自殺のようですが、原因は一体何だったのでしょうか。

争ったような跡がないというのも、疑問を増やしているように感じます。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする