1日おきダイエットにも効果ありの研究結果!できそうなのに難しい?

アメリカの大学で「1日おきダイエット」についての研究がされ、「効果あり」という結果が発表されました。ダイエットに大切なものは継続性と言われています。1日おきでいいならもしかしたら続けられるかもしれませんね。詳しくはどういうことなのでしょうか。

スポンサードリンク

1日おきダイエットにも効果あり

研究発表は医学誌『JAMA内科学』に掲載されました。

これはアメリカイリノイ大学の栄養学者クリスタ・バラディ教授が行ったものです。

「1日おきダイエット」の実験方法は以下の形で行われました。

  • 2011年〜2015年にかけて
  • 肥満状態の成人100人を無作為に3つグループに分ける
  • 1日おき断食」「通常のカロリー制限」「制限なし」
  • 1年間観察を続けた

より具体的にはカロリー摂取量を一般的な量に対して

  • 1日おき断食:断食の日は25%に制限その他の日は125%まで許容
  • 通常のカロリー制限:毎日75%に制限
  • 制限なし:いつも通り?

というものです。

(ダイエットの研究で制限なし…参加していると言えるのでしょうか、少しかわいそうな気もします)

そして結果は

  • 1日おき断食:平均6%減量
  • 通常のカロリー制限:平均5.3%減量
  • 制限なし:記載なし(変化なし?)

となり、1日おき断食も通常のカロリー制限も同様の減量効果があったことが分かりました。

1年間頑張って5〜6%は少し物足りない気もしますが、「1日おきダイエット(断食)」にも効果があるんですね。

しかもダイエットの日でない日には通常より多く食べていいというルールでした。

これならできるかもしれません。

しかし、実験とはいえ1年間も継続したのはすごい…と思いきや、そんなに簡単ではないようです。

ギブアップ率は1日おきダイエットのほうが高かった?

どうやら、ギブアップしてしまった参加者の割合は「通常のカロリー制限」のグループよりも、「1日おきダイエット」のグループの方が高かったそうです。

ギブアップ率を数字にすると

  • 1日おき断食:38%
  • 通常のカロリー制限:29%
  • 制限なし:制限なしなのでギブアップ自体がない?

だったそうです。

たしかに、「1日おきダイエット(断食)」の方が明らかに高いですね。

続けられそうなのは「1日おきダイエット」だと思ったのですが、意外な印象です。

なぜギブアップしやすいのか

「1日おきか、通常制限かを対象者に選ばせるようにすると、結果が変わってくるかもしれない」

(中略)

「万人に最適のダイエット法などない」

引用:CNN.co.jp : 流行の「1日おき断食」ダイエット、効果を検証 米研究 – (2/2)

とバラティ教授はコメントしています。

それぞれの人にあったやり方があるはずで、ダイエット継続や成功のためには自分に合った方法に取り組むことが重要ということですね。

習慣化

「1日おきダイエット」の方がギブアップ率が高いその他の理由としては、「習慣となりにくい」という理由があるのではないでしょうか。

食べて(ガマンして)→断食して(食事を楽しんで)→食べて(食事を楽しんで)→断食して(食事を楽しんで)→…だと断食する日が辛い気もします。

むしろ制限するなら毎日制限していけば、そのうち慣れて当たり前にできるのかもしれません。

「3週間続ければ習慣になる」という言葉もよく聞きます。

…結局ダイエットは辛いものなのでしょうか。

まとめ

「1日おきダイエット」に効果があるというのは驚きでしたが、それでも続けるのはそう簡単では内容ですね。

1ヶ月おきダイエットくらいなら継続できそうですが…これじゃあ効果ないですよね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする